スケジュールの共有で効率化


仕事上でスケジュールを共有することによって社内のコミュニケーション能力を向上することにもつながります。

普段接することのない他部署の人でもスケジュールの共有ができれば、何を行っているかわかるためその仕事結果などを情報共有をすることができます。

社内の連絡はメールが主にありますが、自分が得た情報やノウハウを社内に広げたいと考えるときには社内全体に伝わる形で発信することがお勧めです。他の人が自由に閲覧することができ、情報を得ることができるためとても効率的です。

ほかの人のノウハウを使って新しい仕事に取り組むことができるため、スケジュールを立てやすいメリットもあります。

特徴のあるスケジュールの共有の情報はこちらです。

タイムラインや掲示板を使用することによって同じグループ内の人に発信することもできます。
メールでは個人あてのメッセージや依頼事項をする場合に利用するなどシーンに応じて使い分けることがポイントです。



また、業務の効率化を図ることも可能です。

今までの紙ベースで行ってきたことやエクセルの使用などはグループウェア上で行うことによって業務の効率化を図ることができます。
さらに、紙も使用しないためペーパーレス化が実現でき、コスト削減にも貢献してくれます。

外出先でも他の社員のスケジュールを管理することもでき、会議の空き部屋などもチェックすることができるため計画的に行動することができます。

教えてgooに関する情報に追加しています。

スマートフォンやタブレットが普及している現在にぴったりのツールを活用してスケジュールを共有することが一番です。